未分類

【市場動向】茶加工品の素材開発と市場動向

~健康感の浸透で底堅い需要~


緑茶の健康感は以前から人々の知るところであるが、生理機能研究が進むにつれ、その機能性には高い評価が寄せられるようになり、今や世界的に認知が進む機能性食品となった。
緑茶の消臭機能や抗酸化作用、虫歯予防など機能研究と利用が進み、疾病予防機能に対する研究も続けられている。
高い成長率とともに市場を拡大してきた緑茶飲料は、ここにきて成長が鈍り始めた。飲料各社は緑茶と合わせて烏龍茶やブレンド茶など他の茶素材を使った製品の上市を活発化させている。
また、茶の健康感や味のよさ、抹茶配合製品の充実などにより、抹茶市場は好調が続いている。根強い人気を誇る健康茶は、糖尿病、肥満、アレルギーなどに対する機能性研究が進められ、エビデンス重視の提案がなされている。
本稿では緑茶抽出物、粉末、抹茶などの緑茶関連素材や、健康茶についての動向をみていく。
<主な茶素材サプライヤー>
あいや
葵製茶
木長園
佐藤食品工業
三共ライフテック
ジェイエムシー
太陽化学
タマ生化学
DSMニュートリションジャパン
常磐植物化学研究所
日本緑茶センター
丸善製薬
銘葉

関連記事

  1. 食品開発展、アジア最大規模の展示会に
  2. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究2
  3. 【素材レポ】ヘム鉄による美肌効果と鉄補給による育毛効果
  4. 【品質・安全】Food IT ソリューションの最新動向
  5. 【品質安全】安全性(危害物質)の受託検査サービス
  6. 角を矯めて牛を殺す―何度この諺を引用したことか
  7. 【10月号】機能性食品製造で重要性高まる粉粒体技術
  8. 【4月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(4)
    食品用…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP