未分類

【品質・安全対策】Food IT ソリューションの最新動向

■生産履歴追跡から品質トレーサビリティの時代へ
■ITソリューション導入で業務の効率化・競争力に差がつく
■Food ITソリューションの最新動向
・生産管理システム ・品質トレーサビリティシステム
・品質情報管理システム ・製品・成分規格(仕様)書
・出荷・在庫管理システム・商品開発支援ソリューション・その他


食の安心・安全が問われる中で、トレーサビリティの重要性が高まり、その導入は今日、牛肉・生鮮食品から加工食品に至るまでのすべての食品分野に拡がっている。こうした中で、食品トレーサビリティの次なるステップは、生産履歴を単に追跡するシステムから品質改善・生産性の向上につなげる品質トレーサビリティへと移行しつつある。また、食品業界では、製品の多品種化、製品サイクルの短命化、新商品の立ち上げ頻繁化への対応が焦眉の課題となっている。こうした課題を解決し、経営の効率化・競争力拡大、スピーディな商品開発力を支援する生産管理・品質情報管理、製品・成分規格書(仕様書)ソフトウェアをはじめとする“ITソリューション”の活用が広がっている。
 本稿では、食品業界が抱える課題を解決し、食の安全・安心の確保はもとより生産性の向上・経営の効率化、競争力強化をもたらすFood ITソリューションの最新動向を紹介する。
■有力ソリューション提供企業■
eBASE
http://www.ebase.co.jp
オムロン
http://www.fa.omron.co.jp/technical/solution/food/event.html
デリコ
http://www.e-delico.co.jp
東京システムハウス
http://www.tsh-world.co.jp/tadors
日立ハイテクトレーディング
http://www.hitachi-hitec-hcs.com/products/jyohouseigyo/
ブロード・システム・ソリューションズ
http://www.broadss.co.jp/

関連記事

  1. 【8月号】ロス削減と見直しが進む鮮度保持技術
  2. CLOSE UP
  3. 【素材レポ】酒粕を再発酵させた機能性素材“プロファイバー”
  4. 【8月号】ω-3の市場動向
  5. スポーツフード素材の開発動向
  6. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  7. 新素材レポート
  8. 【1月号】大豆由来素材の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP