関連トピックス

買い控えが影響し、4-6月期の豆乳生産量は前年同期比93.1%に

日本豆乳協会は、2023年4-6月期における豆乳類全体の生産量が99,501kL(前年同期比93.1%)となったことを発表した。

生産量を分類別に見ると、(カッコ内は前年同期比)
・豆乳(無調整) 31,575kL(95.8%)
・調製豆乳 47,326kL(92.6%)
・果汁入り豆乳飲料 4,305kL(98.1%)
・フレーバー系の豆乳飲料(その他) 12,843kL(86.1%)
・その他(業務用など) 3,452kL(97.0%)
となった。

いずれも前年同期比で減少しているが、その理由として消費者の買い控えが挙げられている。社会情勢やエネルギー問題等の外部環境の影響で、あらゆる場面での値上げが相次いでいるなか、食品・飲料分野でも値上げが行われ、消費者の買い控えが起こった。豆乳類においても消費者の消費マインドの低下や買い控えの影響を受けた結果となった。

豆乳協会では、食における健康志向は依然として高く、豆乳に対する健康への期待値は大きいと考えている。7月-9月期には、メーカー各社の新作商品も市場に投入されることから、生産量の増加が期待されている。

関連記事

  1. UBM社とInforma社が合併 世界最大の国際展示会主催会社に…
  2. 包装をめぐる環境対応に一層の重要性
    包装界合同新年会で藤…
  3. サプリメント形状の機能性表示食品の製造においてGMPを要件化へ
  4. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”
  5. 食事や食材の保存は「とりあえず冷蔵庫に入れる」-食品の保存に関す…
  6. 林原、岡山機能糖質工場A棟が本格稼働
  7. 食品添加物を不安に思うきっかけ「無添加表示」が第1位 食品安全委…
  8. 健康博覧会、Care Show Japan、本日開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP