未分類

【市場動向】食品加工用酵素の市場動向


食品産業において、酵素は従来から醸造・発酵食品をはじめとした様々な食品と深いつながりを持ってきた。食品分野の酵素は従来は多分に経験的に利用されていたが、近年はバイオテクノロジーの進展により、新しい酵素の研究・開発が進み、新しい食品素材の開発や改質、製造工程の改良などで必須のキーテクノロジーともなってきている。
本稿では近年の食品加工用酵素の市場動向の鍵を握るキーワードとともに、各社の酵素製剤の開発動向をみていく。
<主な取り扱い企業>
エイチビィアイ
科研ファルマ
ケリー・ジャパン
新日本化学工業
タイショーテクノス
ダニスコジャパン
ノボザイムズジャパン

関連記事

  1. 温度・湿度の高精度計測を実現
  2. 【健康素材】プロポリス・ローヤルゼリーの最新動向
  3. 【11月号】ハイスループット対応進むクロマト分析のハード&ソフト…
  4. DHA・EPA協議会 公開講演会より
  5. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  6. 【N-tecレポ】食品の有用性・安全性エビデンス取得の動きと受託…
  7. 【支援技術】食品産業の粉粒体技術
  8. 編集部から

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP