未分類

【市場動向】ミネラル食品・素材の市場動向


わが国のミネラル摂取に関する指針は、以前から摂取基準が設けられていたカルシウムと鉄に加え、第6次改訂栄養所要量では7種類の微量ミネラルについて基準が設けられた。次いで「日本人の食事摂取基準(2005年版)」では具体的な摂取目安や目標が設定された。
しかしカルシウム市場は横ばいのまま、マグネシウムや微量ミネラルも思ったほどの市場形成に至っていない。消費者の摂取意識は高いものの、啓蒙活動や情報発信、話題づくりなどが足りず、市場は停滞感が強い。
本稿ではミネラル素材の市場をみながら各サプライヤーの動きを探る。
<主なミネラル素材サプライヤー>
エーザイフード・ケミカル
エスケーフーヅ
エヌ・シー・コーポレーション
エル・エスコーポレーション
カワイマテリアル
協和発酵工業
協和化学工業
昭和化工
白石カルシウム
セティ
太陽化学
富田製薬
日本バイオコン
ピューラック・ジャパン
扶桑化学工業
北海道共同石灰
マリーンバイオ
三菱化学フーズ
武蔵野化学研究所
明治フードマテリア
メディエンス
ユニテックフーズ

関連記事

  1. 【12月】製剤化のための添加剤と開発と利用
  2. 2006 国際食品工業展
  3. 【4月号連載】産学官シリーズ58機能性が注目される神奈川県の農水…
  4. 【素材レポ】ジボダン、TasteTrek Citrusで新しいオ…
  5. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向
  6. 鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術の最新動向
  7. 【品質・安全】自主検査に拡がる簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  8. 品質管理に欠かせない食品工場のモニタリング

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP