未分類

【市場動向】美容・アンチエイジング素材の市場動向


根強い美容・アンチエイジングニーズに支えられ、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドを中心に美容系素材の好調が続いている。好調要因としては、汎用性に優れた原料の開発が進み、サプリメントに限らず飲料やキャンディなど嗜好品でも使いやすくなったこと、薬事法や表示規制に触れず効果をイメージしやすい美容食品に開発がシフトしていることなどが背景にある。かつてはメイン素材の高配合が訴求ポイントとなっていたが、現在は各種素材を組み合わせることで、相加・相乗効果を狙ったオリジナリティの高い商品の開発・提案が主流となりつつある。本稿では美容・アンチエイジング食品のトレンドを追いながら、注目素材の開発および市場動向を取り上げる。
<注目サプライヤー>
アビオス
エーザイフード・ケミカル
エル・エスコーポレーション
協和ウェルネス/協和発酵工業
ケミン・ジャパン
光洋商会
セティ
ゼライス
ソーフンジャパン
タマ生化学
チッソ
辻製油
東海物産
東洋酵素化学
常磐植物化学研究所
トレードピア
日清ファルマ
新田ゼラチン
ニッピ
日本新薬
日本バイオコン
日本ハム
フジ日本精糖
プロテインケミカル
マリーンバイオ
丸善製薬
明治フードマテリア
メグレ・ジャパン
焼津水産化学工業
ユニテックフーズ
横浜油脂工業
ライコレッドジャパン
ロンザジャパン

関連記事

  1. 【9月号】食品工場の洗浄・除菌剤と清浄度モニタリング
  2. 【8月号】食品加工のための乳化剤の市場動向
  3. 【市場動向】食物繊維素材の最新市場動向
  4. 【市場動向】健康機能で開発進む果実・野菜素材
  5. 【HACCP支援】洗浄・除菌剤と衛生管理サービス
  6. 【品質管理レポ】糖類、脂質、アミノ酸他食品成分の分析
  7. 【分析・計測】食品分野における水分測定技術
  8. 【8月号連載】産学官シリーズ60 世界遺産からの自然の恵み「弘前…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP