未分類

【市場動向】スーパーフルーツ・ベジタブル

成分と製法にこだわった高品質・高機能性果実・野菜素材


ここ数年、米国では果実の持つ機能性が高く評価されており、「スーパーフルーツ」として脚光を浴びている。その流れは加速しつつ、世界的な潮流ともなっている。
日本でも以前から果実の持つ機能性の高さは注目されていたが、ここにきて、機能性研究の進捗はもちろん、南米フルーツの認知度向上やアジア地域のフルーツの新たな紹介などが進んできた。果実・野菜の摂取推奨は社会的な現象ともなっていることから、フルーツ素材のさらなる市場拡大のための環境は整ってきたといえるだろう。同じことが野菜にも当てはまる。
本稿では、天然の機能性素材として注目されるフルーツと野菜素材についての動向を探っていく。
<主なフルーツ・ベジタブル素材取り扱い企業>
アビオス
セティ
太陽化学
タマ生化学
常磐植物化学研究所
日本粉末薬品
明治フードマテリア
ユニテックフーズ

関連記事

  1. 鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術の最新動向
  2. CLOSE UP
  3. 茶加工品の市場動向と素材開発
  4. 【1月号】食品業界における環境対策技術の最新動向
  5. 【IFT 食品素材見本市(6/26~28) 視察】
  6. 【技術レポ】消費者を基盤とした商品開発とそのおいしさの評価プロセ…
  7. 生産管理システムとトレーサビリティシステム
  8. フレーバーから探る2006年食品トレンド

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP