未分類

最新の食品成分分析技術

食品の品質要求が高まる中、主要成分はもちろん、有用または有害な微量成分の分析機会も確実に増えており、使い易く、迅速かつ環境負荷の少ない分析技術のニーズが拡がっている。
食品の栄養成分分析をめぐる話題では、第6次改定栄養所要量の導入や、五訂日本食品標準成分表の発表、保健機能食品制度の導入、新JAS法に基づく自社での格付け(成分分析)の必要性は確実に高まっているといえる。
本稿では食品成分分析をめぐる環境変化と分析技術の動向についてみていく。


●注目の食品成分分析企業1
アクタック
アステック
アタゴ
アムコ
エスアールエル
住化分析センター
・なかやま理化製作所
日科機バイオス

●注目の食品成分分析企業2
日本アナリスト
・日本ビュッヒ
野村化学
日立ハイテクノロジーズ
フォス・ジャパン
ブランルーベ
ユラボジャパン

関連記事

  1. 女子高校生の体重、体脂肪に及ぼすキノコキトサンの影響
  2. 【12月号】水分の分析計測技術の最新動向
  3. 農業者の環境負担軽減への取り組みを「見える化」開始
  4. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ5
  5. スポーツフード素材の開発動向
  6. 【11月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(37)
  7. 【8月号】食品産業における搬送技術の最新動向
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP