未分類

【市場動向】スポーツフード・抗疲労素材の最新動向

これまで、スポーツフードはトップアスリートを対象とした商品が多かったが、最近では、健康志向の高まりを背景にスポーツ人口も増加しており、このようなスポーツ愛好家やアクティブシニア層をターゲットとした商品が増えつつある。


さらなるマーケット拡大には、スポーツ栄養と健康情報の啓蒙やプロテインをはじめとする各種機能性素材の風味改善、バータイプや飲料などパウダー以外の形態をいかに啓蒙できるかが課題といえる。
本稿では、最新のスポーツフード・抗疲労素材の市場動向を取り上げる。
<主なスポーツフード素材のサプライヤー>
【プロテイン】
フォンテラジャパン
日成共益
【アミノ酸】
プロテインケミカル
【ペプチド】
日本ハム
ケリー・ジャパンバイオサイエンス事業部
【L-カルニチン】
ロンザ・ジャパン
伊藤ライフサイエンス
【コエンザイムQ10】
旭化成ファーマ
【共役リノール酸】
日清オイリオグループ
【ラクトフェリン】
タツア・ジャパン
【ヘム鉄】
伊藤ライフサイエンス
【ポリコサノール】
横浜油脂工業
【マカ】
ラティーナ
【ミルクセラミド】
メグレ・ジャパン

関連記事

  1. 美容食品素材の最新動向
  2. 官製不況なのか、企業の努力不足なのか
  3. 健康食品の市場動向と素材・技術研究 1
  4. 企業の農業ビジネス参入は安全・環境・資源対策の流れを作るか
  5. 日持向上剤・保存料製剤の市場動向
  6. 【市場動向】乳酸菌及び腸内環境改善素材の動向
  7. 【素材レポ】カンカ(Cistanche tubulosa)とその…
  8. 【8月号】食品工場におけると臭気対策とエアコントロール

おすすめリンク先

PAGE TOP