行政・業界ニュース

オメガ3系脂肪酸で抗不安効果確認 -国立がん研究センターと台湾の共同研究グループ-

国立がん研究センターは先月15日、台湾の研究グループと共同で、オメガ3系脂肪酸の摂取による不安症状の軽減をメタアナリシスで確認したことを発表した。

今年3月4日までに公表された研究論文について、(1)人を対象にオメガ3系脂肪酸の抗不安効果を評価した臨床試験(ランダム化・非ランダム化)でピアレビュー雑誌に出版されたもの(言語の制約は設けず)、(2)対照群はプラセボ使用の有無について問わない、(3)研究参加者は健常者・精神疾患患者・身体疾患患者の、3つの基準で臨床試験を選定。

計2,240人の不安症状を訴える人を対象とした19件の臨床試験を検討し、オメガ3系脂肪酸を少なくとも2,000mg摂取した場合に抗不安効果が確認できること、身体疾患や精神疾患等の臨床診断を抱えている場合に効果が高いことを明らかにした。

オメガ3系脂肪酸摂取による抗不安効果については、以前よりマウス実験等で示唆されてきたが、これまでに報告されてきた臨床研究では結果のばらつきが大きく、効果があるかどうかが明らかにされていなかった。

発表では今後の展望として、海洋由来EPAとDPA、植物由来α-リノレン酸について、「いずれが不安軽減にもっとも有効であるか検討する研究が必要」と指摘。また、がんサバイバーで「がん再発不安」と「血中オメガ3 系脂肪酸」の関連が分かった場合、臨床試験によって「科学的根拠に基づく機能性食品開発につながることが期待される」としている。

本記事は「健康産業新聞 1653号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・食事で死亡リスク低下 野菜、果物、全粒穀物、オメガ3がカギ
・【特集】DHA・EPA 機能性表示食品で市場活況
・【特集】たまごの健康機能 DHA・α‐リノレン酸など”機能性たまご”で市場底上げ狙う

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a

2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳しくはこちら!

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1654東京都誇大広告a
  2. 健康産業新聞1654うおぬま会議
  3. 食品開発展2018b

企業ニュース

  1. 健康産業新聞アオテアロアa
  2. 健康産業新聞165406aアピ
  3. 健康産業新聞1653アピ野々垣社長

特集

  1. 健康産業新聞163538人参
  2. 健康産業新聞1653乳酸菌d
  3. 健康産業新聞165240ヘアケアb
PAGE TOP