行政・業界ニュース

CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル

 

CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル

米国栄養評議会基金(CRNF)は6日、広告の自主規制組織である全米広告審査局(NAD)に今後3年間で73万5千ドルを追加で支出すると発表した。健康食品の広告適正化を図る。

NADは、消費者の誤解を招く表現や、エビデンスが示されていない広告などに対する監視を行う。協賛する企業は、広告の正確性などを判断する審査に合意の上で協力し、NADの裁定に従う。発表によると、米国栄養評議会(CRN)は、2006年以降、CRNFを通じて計280万ドルを支出し、健康食品の広告適正化に向けた連携を進めてきた。CRNのウェブサイトでは、NADがこれまでに審査した健康食品に関する広告の宣伝文句などを誰でも無料で検索できるデータベースを公開している。

健康産業速報 12月12日号

 

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP