ヘッドラインニュース

厚労省研究班 プロポリス、アロエなどの安全性確認 「発がん性なし」

 プロポリス抽出物、キダチアロエ抽出物、カテキンの3素材について、2年間にわたる発がん性試験により、いずれも発がん性が認められなかったことが、厚生労働省の研究班が実施した「天然添加物の発がん性等に関する研究」(主任研究者=大阪市立大学大学院医学研究科教授・鰐渕英機氏)でわかった。→続きは『健康産業速報』第1152号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 摂取したい栄養素、トップはカルシウム
  2. 疫学会、25日から都内で 緑茶の有用性明らかに がん・死亡リスク…
  3. バイオアクティブズ、カロテノイド原料の供給開始
  4. カプスゲル・ジャパン、魚由来ゼラチンハードカプセルを発売
  5. 厚生労働科学研究 健食の有効性評価法示す 「成長期ラット」実験等…
  6. 食品安全委、特保申請品目2品の安全性評価で前進
  7. 厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す
  8. 08年健食支出1.8%減
PAGE TOP