ヘッドラインニュース

健食受託企業、6割が増収

【健康産業速報1434号トップニュース】2010年上半期における健康食品受託製造企業の業績は、約6割の企業が増収となったことが、健康産業新聞が3日までにまとめた実態調査でわかった。差別化や独自技術など「加工+α」の戦略が奏功した企業が目立った。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆特保広告でガイドライン作成へ
◆国民新党、健食業界団体と懇談
◆日健栄協、特保の表示内容等で注意喚起
◆ミカン成分がメタボに有効
◆サンスター、歯ぐきの健康を維持する特保
他ニュース多数!

関連記事

  1. 健康博覧会、あす27日開幕 メタボ対応商材が集結 出展規模100…
  2. NIH、マイタケ等の研究に着手
  3. 健食表示検討会、否定派の主張に反論
  4. トヨタ、ユビキノンで特許出願 CoQ10市場参入は「ノーコメント…
  5. 三協・日の出工場、ISO22000の認証取得
  6. 日健栄協、GMP認定が4月スタート
  7. 国際栄養士会議、日本で初開催
  8. 農水省 加工食品の表示規制 業者間取引も対象に 健食業界にも影響…
PAGE TOP