ヘッドラインニュース

健食受託企業、6割が増収

【健康産業速報1434号トップニュース】2010年上半期における健康食品受託製造企業の業績は、約6割の企業が増収となったことが、健康産業新聞が3日までにまとめた実態調査でわかった。差別化や独自技術など「加工+α」の戦略が奏功した企業が目立った。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆特保広告でガイドライン作成へ
◆国民新党、健食業界団体と懇談
◆日健栄協、特保の表示内容等で注意喚起
◆ミカン成分がメタボに有効
◆サンスター、歯ぐきの健康を維持する特保
他ニュース多数!

関連記事

  1. ノコギリヤシ人気が急上昇  ケンコーコムランキング
  2. 家計調査3月、健食支出18.5%増
  3. 健康博覧会記念セミナー 厚労省・増田氏が登壇 スギ花粉健食問題 …
  4. 米、ノコギリヤシ原料の偽物が問題に
  5. 一丸ファルコス、メタボリック症候群対応の新素材「ニーム」
  6. 国家プロジェクトで機能性食品開発 桑、米糠成分、オリーブ等
  7. 香川県で免疫機能性食品の研究開発スタート
  8. 都、4~5月に健食製造業の立入調査
PAGE TOP