ヘッドラインニュース

健食受託企業、6割が増収

【健康産業速報1434号トップニュース】2010年上半期における健康食品受託製造企業の業績は、約6割の企業が増収となったことが、健康産業新聞が3日までにまとめた実態調査でわかった。差別化や独自技術など「加工+α」の戦略が奏功した企業が目立った。(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆特保広告でガイドライン作成へ
◆国民新党、健食業界団体と懇談
◆日健栄協、特保の表示内容等で注意喚起
◆ミカン成分がメタボに有効
◆サンスター、歯ぐきの健康を維持する特保
他ニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省PT 統合医療、利用実態を調査へ
  2. プエラリア12品目で商品テスト 問題表示に改善要望 エストロゲン…
  3. 厚労省、食品の安全性確保「当然のこと」
  4. JAS法違反の全公表で実施要領
  5. 健康素材展「HiE」、430社が出展
  6. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  7. 組み換え植物から健食原料、事業化へ
  8. キューサイ、特保市場に本格参入
PAGE TOP