ヘッドラインニュース

加工食品の原料原産地表示、生産者と製造者火花散らす

加工食品の原料原産地表示制度に関する第2回検討会が1日、消費者庁と農林水産省との共催で行われた。夏目智子委員(全国地域婦人団体連絡協議会幹事)は、「事業者間取引においても表示の義務化が必要であり、新たな表示方法の検討によって、実行可能性を担保する方策を模索すべき」と指摘。


永田裕子委員(全国消費生活相談員協会・食の研究会副代表)は、基本的にすべての加工食品に・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 健食懇 健食の安全性で自主基準 厚労省検討会のたたき台に 健食の…
  2. 食品安全委 新開発食品専門調査会 アガリクスの作業部会設置
  3. 京都大・大東氏、「ハナショウガ等に動脈硬化抑制作用」
  4. タカラバイオ、阪大に寄付研究部門を開設
  5. エキナセアに風邪予防効果、メタ解析で実証
  6. RJ原料相場の上昇続く 中国内需増が背景に
  7. イタリア研究班、100超のアガリクス研究を総括
  8. カネボウ、デトックス技術を開発 「生薬と微量栄養素で効果増強」(…
PAGE TOP