ヘッドラインニュース

加工食品の原料原産地表示、生産者と製造者火花散らす

加工食品の原料原産地表示制度に関する第2回検討会が1日、消費者庁と農林水産省との共催で行われた。夏目智子委員(全国地域婦人団体連絡協議会幹事)は、「事業者間取引においても表示の義務化が必要であり、新たな表示方法の検討によって、実行可能性を担保する方策を模索すべき」と指摘。


永田裕子委員(全国消費生活相談員協会・食の研究会副代表)は、基本的にすべての加工食品に・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 届出情報の不備など問題視 消費者委員会 消費者庁からヒアリング
  2. 通関(確報)7月期 ローヤルゼリー伸び悩む
  3. 健食表示検討会、否定派の主張に反論
  4. 厚労省概算要求、健食は安全対策に限定
  5. 厚労省 健食安全性検討会が初会合 「GMP、国の制度に」 JIH…
  6. 「軽症者データ拡大で調査事業へ」消費者庁・赤崎氏、産業協議会で講…
  7. 厚労省の健食安全性検討会が報告書骨子案、6月に決着
  8. 健康食品の支出額 8ヶ月連続前年割れ 8月期、今年最大の落込
PAGE TOP