ヘッドラインニュース

日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」

日本健康・栄養食品協会は2日、都内で特保講習会を開き、消費者委員会新開発食品評価第一調査会の座長として、特保審査にかかわる木原記念横浜生命科学振興財団理事長の大野康雄氏が、特保の審査状況について説明した。


大野氏は昨年12月24日に消費者庁から通知された「特保の審査等取扱い及び・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 食品機能性評価支援センター、来月10日に開所式
  2. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
  3. 農水省、ゲノム情報統合で機能性食品開発などに利用
  4. 健食が取扱商品のトップに 競争激化で「踊り場へ」
  5. 世界有数の素材展に 海外の有力者が続々来日 「ビジネス交流会」も…
  6. 本紙セミナー 新特保制度を専門家が分析
  7. 食品安全委、疾病リスク低減特保の評価に着手
  8. 健食の効果、「個体差考慮を」 社福協フォーラム
PAGE TOP