ヘッドラインニュース

日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」

日本健康・栄養食品協会は2日、都内で特保講習会を開き、消費者委員会新開発食品評価第一調査会の座長として、特保審査にかかわる木原記念横浜生命科学振興財団理事長の大野康雄氏が、特保の審査状況について説明した。


大野氏は昨年12月24日に消費者庁から通知された「特保の審査等取扱い及び・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬
  2. 花王、「エコナ」一時販売自粛
  3. アンチ・エイジング・ライフ、「ナリネ菌」のOEM提案開始
  4. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  5. 都が啓発パンフ、「健食は生活習慣病治療に効果なし」
  6. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
  7. 中国地方の健食市場 2割増の800億円に 自然食品が牽引
  8. JRJ製薬、CVSルートでの王乳ドリンク販売に着手
PAGE TOP