ヘッドラインニュース

日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」

日本健康・栄養食品協会は2日、都内で特保講習会を開き、消費者委員会新開発食品評価第一調査会の座長として、特保審査にかかわる木原記念横浜生命科学振興財団理事長の大野康雄氏が、特保の審査状況について説明した。


大野氏は昨年12月24日に消費者庁から通知された「特保の審査等取扱い及び・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 初の疾病リスク低減型特保、許可に向け大きく前進
  2. 特保再審査手続きで問題提起
  3. 日健栄協、健食安全性自主基準の一本化に向け始動
  4. 厚労省、「えび・かに」のアレルギー表示義務化で意見
  5. 消費者庁、ネット広告で報告書案
  6. 東洋発酵、海藻抽出物の供給開始
  7. 癌学会が開幕、クルクミンなど機能性素材で新知見続々
  8. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査を開始
PAGE TOP