ヘッドラインニュース

16年度、健食苦情3割増、定期購入契約の相談増加

定期購入が条件であることが分かりにくい広告によるトラブルや、「絶対痩せる」といった不当表示などにより、健康食品の苦情が3割増となったことが、日本広告審査機構(JARO)がまとめた2016年度の審査概況でわかった。薬機法(旧薬事法)逃れと見られる事例もあり、JAROでは法違反の広告に警告等を行った。苦情や照会など、16年度の総受付件数は9773件で、前年比18.1%増と大幅に増加。このうち苦情は7109件(前年比17.0%増)で、スマホゲームアプリなど「デジタルコンテンツ等」に関するものが616件(同14.3%増)で最多だった。2位は「健康食品」で349件(同30.2%増)。「お試し」としながら定期購入になってしまうトラブルなど・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 内閣府 6月に規制改革要望を受付 健康食品関連も対象 今月上旬か…
  2. 米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収
  3. 東洋新薬、大正製薬と健食等開発の合弁会社
  4. 都、今年も健食製造業者に立入調査
  5. 経産省、「ベンチャー賞」でファーマフーズなど表彰
  6. 改正特許法・商標法を閣議決定、特許料など引き下げへ
  7. 厚労省研究班 プロポリス、アロエなどの安全性確認 「発がん性なし…
  8. 経産省 地域資源活用促進法 健食開発事業計画を認定 「世界初のサ…
PAGE TOP