ヘッドラインニュース

16年度、健食苦情3割増、定期購入契約の相談増加

定期購入が条件であることが分かりにくい広告によるトラブルや、「絶対痩せる」といった不当表示などにより、健康食品の苦情が3割増となったことが、日本広告審査機構(JARO)がまとめた2016年度の審査概況でわかった。薬機法(旧薬事法)逃れと見られる事例もあり、JAROでは法違反の広告に警告等を行った。苦情や照会など、16年度の総受付件数は9773件で、前年比18.1%増と大幅に増加。このうち苦情は7109件(前年比17.0%増)で、スマホゲームアプリなど「デジタルコンテンツ等」に関するものが616件(同14.3%増)で最多だった。2位は「健康食品」で349件(同30.2%増)。「お試し」としながら定期購入になってしまうトラブルなど・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. NARO、乳酸菌の老化抑制作用の解明へ
  2. CRN、健食表示適正化委が初会合
  3. 栄養士会、「栄養ケアステーション」で特保紹介を検討
  4. 「統合医療展」盛況 22%増の9812人が来場 予防分野ビジネス…
  5. 規制改革会議が答申、混合診療解禁問題で厚労省を追及
  6. 米、サプリ健康被害報告を義務化
  7. 「機能性表示」届出ガイドライン改正、1日からオンライン化 消費者…
  8. 組み換え植物から健食原料、事業化へ
PAGE TOP