注目の記事

機能性表示239品に、イオントップバリュが2品目

sokuhou.jpg

消費者庁は9日、機能性表示食品として受理した1品の情報を公開した。これにより累計品目数は239品となった。


イオントップバリュが、「葛の花イソフラボン配合 大麦若葉青汁」で2品目の受理となった。「内臓脂肪が気になる方」に向けた表示で受理。製造者は東洋新薬。
イオントップバリュでは昨年5月29日、血糖値対応の「難消化性デキストリン配合コーラ」が受理されている。




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. ホルス、化粧品原料「油溶性プラセンタ」上市
  2. 特保で初の許可取り消し 日本サプリメントの6品
  3. 機能性表示制度、ガイドライン改正へ どうなる遡及適用
  4. ASCON、「機能性表示」評価で第2弾
  5. 消費者委の建議、消費者庁の対応「不十分」 健食広告等
  6. VD受容体の遺伝子多型、大腸がんリスクに変化も
  7. 三重県、東京五輪向け「野菜機能性」分析事業
  8. アピ、NS工場でハーラル国際認証 海外展開を加速
PAGE TOP