注目の記事

機能性表示239品に、イオントップバリュが2品目

sokuhou.jpg

消費者庁は9日、機能性表示食品として受理した1品の情報を公開した。これにより累計品目数は239品となった。


イオントップバリュが、「葛の花イソフラボン配合 大麦若葉青汁」で2品目の受理となった。「内臓脂肪が気になる方」に向けた表示で受理。製造者は東洋新薬。
イオントップバリュでは昨年5月29日、血糖値対応の「難消化性デキストリン配合コーラ」が受理されている。




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. 消費者庁、健食エビデンスでレビュー体制構築へ
  2. 米国のウェブ検索上位に「ウコン」 グーグルが発表
  3. 5月のサプリ支出10%増、無職世帯が回復
  4. アデランス、グラフィコの「なかったコトに!」とコラボ
  5. 「これからは米も機能性の時代」 エコ・ライス新潟、豊永氏
  6. ユニアル、国産もみじエキス末のOEM提案開始
  7. ノーボーダー、長野県産霊芝微粉末100%「限定活霊芝」上市
  8. オルガノフードテック、機能性素材の加工事業を本格始動
PAGE TOP