注目の記事

北海道経産局、特商法違反で健食企業に行政処分

北海道経済産業局は3月29日、病気が治るかのように標榜してプラセンタ健康食品などの電話勧誘販売を行っていた「げんきの杜」(福岡市)に対し、特定商取引法に基づき6か月の一部業務停止を命じたと発表した。


同社はいらないと断る消費者に継続して勧誘を行っていたほか、「手のしびれにはプラセンタがよく効く」「天然琉球鮫を飲むと血液がさらさらになる」などと標榜していた。

関連記事

  1. オルガノフードテック、機能性素材の加工事業を本格始動
  2. FDA、新栄養成分表示で企業向けリソース
  3. 日本食品化工、「難消化性グルカン」強化 SR作成中
  4. 3月に長崎で薬理学会、「機能性食品における薬理学」等
  5. 消費者庁、機能性表示食品の臨床試験など検証
  6. 米FDA、GRAS制度で最終規則
  7. 機能性表示、「病者データ使用できない」75%が問題視
  8. 原料原産地表示に懸念の声「検討の差し戻しを」
PAGE TOP