注目の記事

北海道経産局、特商法違反で健食企業に行政処分

北海道経済産業局は3月29日、病気が治るかのように標榜してプラセンタ健康食品などの電話勧誘販売を行っていた「げんきの杜」(福岡市)に対し、特定商取引法に基づき6か月の一部業務停止を命じたと発表した。


同社はいらないと断る消費者に継続して勧誘を行っていたほか、「手のしびれにはプラセンタがよく効く」「天然琉球鮫を飲むと血液がさらさらになる」などと標榜していた。

関連記事

  1. フジ日本精糖、砂糖由来イヌリンで機能性表示対応
  2. 大塚食品、カレーの機能性表示食品
  3. 三井製糖、パラチノースで「糖質スローオン」提唱
  4. ダイドードリンコ、初の機能性表示食品 ファンケルと共同開発
  5. アピ・岐阜薬科大など、トウゲシバで認知症サプリ開発へ
  6. 梅丹本舗、ドーピング禁止物質含有商品で方針決定
  7. 富士フィルム、中国の医薬品企業に出資
  8. アルビータ、「国産アスタキサンチン」今秋めどに供給へ
PAGE TOP