注目の記事

北海道経産局、特商法違反で健食企業に行政処分

北海道経済産業局は3月29日、病気が治るかのように標榜してプラセンタ健康食品などの電話勧誘販売を行っていた「げんきの杜」(福岡市)に対し、特定商取引法に基づき6か月の一部業務停止を命じたと発表した。


同社はいらないと断る消費者に継続して勧誘を行っていたほか、「手のしびれにはプラセンタがよく効く」「天然琉球鮫を飲むと血液がさらさらになる」などと標榜していた。

関連記事

  1. 消費者庁、健食等の連鎖販売企業に業務停止命令
  2. 通販協、折込チラシ600件を調査 25%に改善点
  3. コカ・コーラ社初の青汁が登場
  4. 食品表示で7月に一斉取締まり、健康食品も対象
  5. 沖縄で研究会、オキナワモズクの全ゲノム解読
  6. 武田コンシューマー、「ユーグレナ青汁」投入
  7. 機能性表示、一挙22品受理 計554品に
  8. 水素商材市場、300億円突破
PAGE TOP