注目の記事

米国CRN、悪質業者を非難 風評被害に懸念

食品医薬品局(FDA)が7日発表した報告で、食品には認められていないオキシフロリン(メチルシネフリン)が一部のダイエットサプリメントに見つかったことを受け、米国栄養評議会(CRN)は、悪質業者を強く非難する声明を発表した。


オキシフロリンは興奮剤として知られる禁止薬物。声明の中でCRNは、今回のような悪質業者によって消費者がリスクにさらされることは最も懸念すべきことだと指摘し、法を順守する企業までもが風評被害を受けることに言及。市場から違法商品を回収するため、「FDAが悪質業者等に対しあらゆる手段を行使することを求める」とした。
CRNは、自主規制を一層進めるとともに、法順守を徹底させるためのさらなる支援をFDAに求めていく構えで、消費者保護のため、行政及び業界、双方の努力を支持するとしている。

関連記事

  1. 4社合同、健康博で沖縄スーパーフードなどPR
  2. 機能性表示の届出撤回、「悲観視すべきでない」
  3. 機能性表示1品受理、計433品に
  4. 丸大食品、健食市場に本格参入 プラズマローゲン供給へ
  5. 農商工連携や地域資源活用、藍やナマコ等でサプリ開発
  6. 消費者市民社会をつくる会、「機能性表示」79品の評価結果発表
  7. 台湾緑藻、葉緑素高含有クロレラのサンプルワーク
  8. カナダ、食生活が脳機能に影響 臨床実験に着手
PAGE TOP