注目の記事

静岡県産業振興財団、機能性食品開発など支援

静岡県産業振興財団は、県と連携して実施する「高付加価値型食品等」の製品化支援事業の一環として、2016年度の開発助成事業の募集を開始した。


県内の中小企業者等を対象に、①機能性食品等、②食品加工機械、③加工食品等ーの3事業を対象に募集。①では、機能性食品の製品開発に向けた試作品開発・機能性評価試験を行う事業を支援する。
全体の採択件数は8件程度を予定。①の助成率は対象経費の2分の1以内で、限度は200万円。「機能性評価」は、「ヒトや動物の生体活動を調節する作用・功能(ストレス緩和作用、抗酸化作用、血圧・血糖値降下作用等)に関する評価」と定義している。
5月10日まで申請を受け付け、審査等を経て、6月中旬に交付を決定する。助成対象期間は来年2月28日まで。





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. イオン、機能性表示食品のパン発売
  2. 三重県、東京五輪向け「野菜機能性」分析事業
  3. 10万人当たりの健食企業数、1位沖縄
  4. 地方独自の機能性表示制度、要望強まる
  5. DSM、機能性表示サポートで受理実績40以上
  6. 愛媛県、機能性表示で「ワンストップ相談窓口」
  7. 機能性表示食品、350品到達
  8. フルクトースの血糖値低減作用、SRで確認
PAGE TOP