注目の記事

静岡県産業振興財団、機能性食品開発など支援

静岡県産業振興財団は、県と連携して実施する「高付加価値型食品等」の製品化支援事業の一環として、2016年度の開発助成事業の募集を開始した。


県内の中小企業者等を対象に、①機能性食品等、②食品加工機械、③加工食品等ーの3事業を対象に募集。①では、機能性食品の製品開発に向けた試作品開発・機能性評価試験を行う事業を支援する。
全体の採択件数は8件程度を予定。①の助成率は対象経費の2分の1以内で、限度は200万円。「機能性評価」は、「ヒトや動物の生体活動を調節する作用・功能(ストレス緩和作用、抗酸化作用、血圧・血糖値降下作用等)に関する評価」と定義している。
5月10日まで申請を受け付け、審査等を経て、6月中旬に交付を決定する。助成対象期間は来年2月28日まで。





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 高齢者の低栄養にペプチド、QOL改善も 問題はおいしさ
  2. ナットウキナーゼ、健常者にも効果
  3. 全健協が総会、健食で調査研究実施
  4. 岩瀬コスファ、唐津市と進出協定 物流倉庫が来年6月竣工
  5. 神戸製鋼グループ、独自ユーグレナのOEM開始 「20年までに20…
  6. ランセット委員会、認知症リスク要因の35%は生活習慣
  7. 美容商材のビューティガレージ、鍼灸接骨院展開のアトラと業務提携
  8. 【通関】台湾からのクロレラ輸入量、前年同月比55%増
PAGE TOP