注目の記事

ニコダーム、仏ベンチャー企業と提携 次世代ヒト皮膚評価

化粧品・医薬品・食品などの安全性や有用性など、皮膚に特化した受託試験を行うニコダームリサーチ(大阪市中央区)は、フランスのCTI-BIOTECH社と提携、15日に仏・リヨン市庁舎で調印式を執り行った。


CTI社は、成人由来の幹細胞を使って人工肝臓組織を作り上げた医薬系のベンチャー企業。これまでに肝臓、腎臓、神経、骨、血液、免疫、血管、皮膚、角膜など数多くのヒト組織の再構築技術を開発している。同社との提携により、主にヒト皮膚組織を用いたex vivo評価ができ、経皮吸収性試験や毛包を用いた試験など、日本のラボでは実施困難だった試験が受託可能になるという。
調印式には、リヨン市長および在仏日本大使らが列席。調印式後、CTI社で開所式が行われ、メイジュー市長らが参加した。

関連記事

  1. 4月の家計調査、サプリ支出12%増
  2. 薬健研シンポ、機能性表示食品「活用のチャンス」(堀氏)
  3. クロレラ工業、一般食品用途で「筑後産クロレラ」提案
  4. タイ健食市場2800億円、「輸入業者の役割重要」
  5. もち麦製品、売り切れ続出
  6. 国セン、水素水生成器で商品テスト
  7. 食品用途特許、40品に迫る 「機能性」明記
  8. 日健栄協、24人の新執行体制が決定
PAGE TOP