注目の記事

熊本地震 福岡市が救援物資受入、栄養補助食品も

熊本県を中心とした地震被害が影響を及ぼす中、福岡市は旧大名小学校で市民や企業からの救援物資受入を行っている。20日現在で受け入れているのは、ウェットティッシュと栄養補助食品。


後者はサプリ剤型ではないバータイプの食品やゼリーなど、常温・長期保存可能で調理不要なものを想定している。17日から受け入れている救援物資の中には、すでに受け入れを見合わせている品目もあり、時期によっては「お断りするケースもあり得る」としている。
救援物資受入に関する問い合わせは、092・711・4951まで。

関連記事

  1. 京大、健食・化粧品分野で初の包括連携 「2年以内の商品化目指す」…
  2. 消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声
  3. 「機能性表示」改善要望、規制改革会議WGで検討へ
  4. 社福協セミナー、機能性表示食品「分析法の公開を」
  5. 欧州司法裁判所、ビタミン等上限量「EFSAに従うべき」
  6. 地域資源で観光振興、沖縄県「命草」活用
  7. 青森県、プロテオグリカンセミナー実施
  8. 水素商材市場、300億円突破
PAGE TOP