注目の記事

「機能性表示」認知度6割、うち2割に摂取経験 通販協調査

日本通信販売協会が25日発表した調査結果で、機能性表示食品の認知度は6割となり、このうち2割に摂取経験があることが分かった。調査は3月に20~79歳男女を対象に実施、5611人の回答をまとめた。3月15日の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」で調査結果の概要を報告している。


最近1年以内にサプリメントを摂取したのは約4割。利用者の6割がほとんど毎日摂取していた。利用したのは「ビタミン・ミネラル類」が64%でダントツ。今後摂取したい成分は「コラーゲン」が1位で、「乳酸菌」、「ビタミンC」、「DHA」、「ヒアルロン酸」などと続く。購入場所は「薬局・ドラッグストア」が46%で最多、次いで「インターネット通販」の41%となった。
機能性表示食品制度の認知度は、「内容まで知っている」(12%)と「名前は知っているが内容は知らない」(51%)の合計は6割強。このうち21%に機能性表示食品の購入経験があった。サプリユーザーは3割が機能性表示食品を購入していた。
機能性表示食品を購入したことのある764人にその種類をきいたところ、「茶系飲料」が54%でトップ。「サプリメント」が49%、「ヨーグルト」が45%などと続く。ジャンル別では生活習慣病対応と整腸が上位に挙がった。

関連記事

  1. 1月に都民講座、「食品表示の見方」
  2. 11月に香港でコスモプロフ、過去最高規模に
  3. TAANE、水素サプリの小ロットOEM
  4. 機能性表示371品に、「その他加工食品」200品突破
  5. 特保6品許可も総数は減少、「失効」は86品に
  6. 健康食品産業協議会、4月から一般社団法人に
  7. AFC-HDアムスライフ中間決算、売上高9%増
  8. アマゾン「プライムデー」、ザバスプロテインがベストセラーに
PAGE TOP