注目の記事

「機能性表示」認知度6割、うち2割に摂取経験 通販協調査

日本通信販売協会が25日発表した調査結果で、機能性表示食品の認知度は6割となり、このうち2割に摂取経験があることが分かった。調査は3月に20~79歳男女を対象に実施、5611人の回答をまとめた。3月15日の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」で調査結果の概要を報告している。


最近1年以内にサプリメントを摂取したのは約4割。利用者の6割がほとんど毎日摂取していた。利用したのは「ビタミン・ミネラル類」が64%でダントツ。今後摂取したい成分は「コラーゲン」が1位で、「乳酸菌」、「ビタミンC」、「DHA」、「ヒアルロン酸」などと続く。購入場所は「薬局・ドラッグストア」が46%で最多、次いで「インターネット通販」の41%となった。
機能性表示食品制度の認知度は、「内容まで知っている」(12%)と「名前は知っているが内容は知らない」(51%)の合計は6割強。このうち21%に機能性表示食品の購入経験があった。サプリユーザーは3割が機能性表示食品を購入していた。
機能性表示食品を購入したことのある764人にその種類をきいたところ、「茶系飲料」が54%でトップ。「サプリメント」が49%、「ヨーグルト」が45%などと続く。ジャンル別では生活習慣病対応と整腸が上位に挙がった。

関連記事

  1. 林原、「トレハ」シンポ開催 オートファジーを活性化
  2. 米国NPA、サプリで業界新基準 サプライチェーン全体対象
  3. 全健協が総会、健食で調査研究実施
  4. 備前化成、メンタルケア訴求でニンニク原料を強化
  5. ファンケル、「エストロゲン」の働き高めるエキス発見
  6. 英クリノヴァ社のタブレット型経口補水液、日本上陸
  7. クロレラ工業、一般食品用途で「筑後産クロレラ」提案
  8. 元CRN議長「スーパーフードは過去のもの、トレンドは腸内環境」
PAGE TOP