注目の記事

VD、認知症の転倒予防に効果 「欠乏症は世界的パンデミック」

健康・長寿研究談話会(旧ホスファチジルセリン研究会)は17日、都内で「第10回アカデミックサロン」を開催した。東京都健康長寿医療センター研究所の石井健二氏は、脳内のアミロイド沈着の進行がアルツハイマー病(AD)の発症に先行するとして、その画像診断の方法を紹介。無症候のまま病気が進行する段階「Preclinical AD」における予防の可能性を示した。


東京都健康長寿医療センター名誉所員である安藤進氏は「転びやすい認知症」と・・・
(詳しくは6月21日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. スーパーフード下半期トレンド予測、1位はレッドフルーツ
  2. 常盤植物、オーラルケア原料「ゲッケイジュ」の供給本格化
  3. コトブキ薬粧、ステビア発酵エキスの供給開始
  4. 地域の名物応援、エゴマやβグルカンなど活用
  5. 常盤植物、ビルベリーに目の疲れ・乾き改善効果 論文掲載へ
  6. かがわ機能性食品開発研究会、9月にシンポ 長命草など
  7. 【通関速報】上半期ハチミツ輸入量、前年同期比44%増
  8. えがお、ベトナムに学校校舎
PAGE TOP