注目の記事

VD、認知症の転倒予防に効果 「欠乏症は世界的パンデミック」

健康・長寿研究談話会(旧ホスファチジルセリン研究会)は17日、都内で「第10回アカデミックサロン」を開催した。東京都健康長寿医療センター研究所の石井健二氏は、脳内のアミロイド沈着の進行がアルツハイマー病(AD)の発症に先行するとして、その画像診断の方法を紹介。無症候のまま病気が進行する段階「Preclinical AD」における予防の可能性を示した。


東京都健康長寿医療センター名誉所員である安藤進氏は「転びやすい認知症」と・・・
(詳しくは6月21日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 健康サミット「うおぬま会議」、10月下旬に新潟市で
  2. 日健栄協がフコイダン部会、「第一ステップは定義化」
  3. 農水研究10大トピックスにミカンの機能性
  4. ダノン、米自然食品メーカーを125億ドルで買収
  5. 健康づくり、脱落の目安は「3週間」
  6. シェフコ、来年8月に新工場
  7. フジッコ中間決算、機能性表示食品が好調
  8. DHAが破骨細胞形成抑制、「抗ロコモ素材として期待」
PAGE TOP