注目の記事

消費者庁、健食留意事項で成案 不当表示は「全体で判断」

消費者庁は6月30日、「健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について」の成案を公表した。機能性表示食品で不当表示となる事例も示した。


機能性表示食品で虚偽古代表示等に該当するおそれがあるのは、①届け出内容を超・・・
(詳しくは7月01日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 訪販協が総会、法令順守で啓発パンフ
  2. 横浜油脂、タマネギケルセチン原料をリニューアル
  3. 健康食品の品質、「事業者責任で対応を」
  4. 機能性表示、ファンケルが「腰の不快感」対応で受理
  5. 日健栄協がフコイダン部会、「第一ステップは定義化」
  6. 「納豆サイエンスラボ」設立 納豆菌でインフル予防
  7. 機能性表示16品受理、計657品に
  8. 国セン「水素水」発表に業界反論 「納得できない」
PAGE TOP