注目の記事

消費者庁、健食留意事項で成案 不当表示は「全体で判断」

消費者庁は6月30日、「健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について」の成案を公表した。機能性表示食品で不当表示となる事例も示した。


機能性表示食品で虚偽古代表示等に該当するおそれがあるのは、①届け出内容を超・・・
(詳しくは7月01日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 東洋酵素、アイケア・抗ロコモ用途でスピルリナ強化
  2. 機能性表示、日本水産やサニーヘルスなどが初受理
  3. 植物ハイテック、カラハリスイカがインフルウイルスの増殖抑制
  4. ヤクルト本社、乳酸菌シロタ株で高齢者の高血圧発症リスク低減
  5. 健食認証制度協議会、3月にセミナー
  6. 野菜・果物、摂取多いほど「肝外胆管がん」リスク低く
  7. 「脳の健康」で提案募集 15年度は機能性食品など検証
  8. ユニアル、青汁用途で「群馬産桑葉」の原料・OEM供給
PAGE TOP