ヘッドラインニュース

食薬区分で研究報告書 アオバナなど9成分検証


厚労科学研究 原稿リスト、再検討すべき品目も

食薬区分に関連する厚生労働科学研究「無承認無許可医薬品の調査・分析及び量的概念を含む専ら医薬品の規制に関する研究」(研究代表者:国立医薬品食品衛生研究所、袴塚高志氏)の15年度報告書がまとまった。


食薬区分の判定で、化学物質4品、植物由来物質5品を検証した。化学物質のうち、・・・

(詳しくは7月22日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 消費者庁、きょう1日発足
  2. 三菱ガス化学と日清ファルマ、CoQ10で合弁事業
  3. 東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」
  4. 栄養成分表示の義務化へ
  5. 小太郎漢方、健康食品市場に本格参入
  6. 07年健食受託市況 経営状況、改善傾向に 景気に「不透明感」も
  7. RJ公取協が20周年式典、130人が参加
  8. アロエベラ飲料から「ベンゼン」検出 厚労省が回収要請
PAGE TOP