ヘッドラインニュース

16年のDgS健食販売額 1.3%増の1930億円


店舗数、4%増で1.4万店超

2016年のドラッグストア(DgS)における健康食品の販売額が前年比1.3%増の約1930億円になったことが、経済産業省が30日に発表した「商業動態統計速報」でわかった。11月まで6ヵ月連続の前年同月割れが続いていたが、前半に伸びていたこともあり、年間トータルはプラスで着地した。


ドラッグストア全体・・・

(詳しくは1月31日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る
  2. CoQ10販売後調査で中間報告、重篤な健康被害なし  日健栄協
  3. 大豆イソフラボン特保、厚労省が表示変更検討へ
  4. 国セン、大豆イソフラボン健食をテスト
  5. 森永製菓、ウイダープロテイン商品を一新 シェア拡大図る
  6. リスク低減型特保、安全性評価は再審議に
  7. 「新潟県健康ビジネス協議会」発足
  8. HPMC、年度内にも規制緩和か
PAGE TOP