ヘッドラインニュース

16年のDgS健食販売額 1.3%増の1930億円


店舗数、4%増で1.4万店超

2016年のドラッグストア(DgS)における健康食品の販売額が前年比1.3%増の約1930億円になったことが、経済産業省が30日に発表した「商業動態統計速報」でわかった。11月まで6ヵ月連続の前年同月割れが続いていたが、前半に伸びていたこともあり、年間トータルはプラスで着地した。


ドラッグストア全体・・・

(詳しくは1月31日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 厚労省 20年度予算案 健食の安全性確保を重視 ネット広告の監視…
  2. 国セン 業務の抜本的見直しへ 商品テストの外部化も 内閣府の検討…
  3. サン・クロレラ、「クロレラが妊産婦のダイオキシン排泄」
  4. 沖縄技術成果発表会、19日に那覇で
  5. 食品安全委、特保申請品目2品の安全性評価で前進
  6. ラクトフェリンで大腸がん予防、臨床試験で確認
  7. 06年健康食品市場 6%減の1兆2100億円に 成長神話、ついに…
  8. 「規制改革実施計画」が閣議決定、「機能性表示」改善策が始動
PAGE TOP