ヘッドラインニュース

人間ドック、異常最多は「高コレステロール」 「肥満」3割超に

15年の人間ドック受診者で見つかった異常は「高コレステロール」が最多となったことが、日本人間ドック学会が3日に公表した全国集計結果でわかった。また、「肥満」の割合が3割を超えた。


15年の人間ドック受診者・・・

(詳しくは8月5日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. ILSI国際会議、カプサイシンの肥満予防効果を報告
  2. 公取委、消費者取引で「適正化推進員制度」スタート
  3. 厚労省 医療機関での健食販売
  4. コーデックス総会、ビタミン・ミネラルサプリ指針を採択
  5. 都、健康食品データベースを開設
  6. 総務省、消費者物価指数の基準改定
  7. 不二製油、水溶性イソフラボンの採用相次ぐ
  8. 埼玉県調査、CoQ10健食の含有量 「おおむね適正」
PAGE TOP