ヘッドラインニュース

日本サプリメントの問題 特保全体に波及 消費者庁、全品調査を要請


約200社・約1270品対象

日本サプリメントの特保関与成分が表示通り含まれていなかった問題を受け、消費者庁は27日、日本健康・栄養食品協会に対し、全特保の関与成分について調査を要請した。


特保取得企業各社の状況をまとめ、10月26日までの報告を要求。販売実態がないものは「失効届」の提出を求める。同社の報告で明るみに出た問題は、特・・・

(詳しくは9月30日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. もろみ酢の公正競争規約、23日施行
  2. 疾病リスク低減特保、安全性評価が一歩前進
  3. JIHFS、GMPフォーラムでバリデーションを解説
  4. 規制改革会議が答申、「特保の申請手続き簡素化」盛り込む
  5. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  6. 健食等「有効」症例の収集へ
  7. 不二製油、EC通販市場に参入 大豆サプリ発売
  8. 超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方…
PAGE TOP