ヘッドラインニュース

日本サプリメントの問題 特保全体に波及 消費者庁、全品調査を要請


約200社・約1270品対象

日本サプリメントの特保関与成分が表示通り含まれていなかった問題を受け、消費者庁は27日、日本健康・栄養食品協会に対し、全特保の関与成分について調査を要請した。


特保取得企業各社の状況をまとめ、10月26日までの報告を要求。販売実態がないものは「失効届」の提出を求める。同社の報告で明るみに出た問題は、特・・・

(詳しくは9月30日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 食薬区分改正、食品衛生法関連通知は6月前後か
  2. 富士化学、「アスタキサンチンが眼精疲労を軽減」
  3. 四国がんセンター、「がんの代替医療ガイドブック」を公開
  4. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  5. ライオン、健康飲料を投入 新ブランドを立ち上げ
  6. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  7. 規制改革会議 「健食の機能性表示」盛り込む
  8. 日米協議 米政府、健食規制緩和を要求 特保制度の見直しも
PAGE TOP