ヘッドラインニュース

富士バイオメディックス 森谷健康食品を子会社化 

 株式の90%取得へ
 3月末より健康食品事業からの撤退が噂されていた森谷健康食品(森谷龍一社長)が、名証セントレックス上場の富士バイオメディックス(埼玉県鴻巣市)の子会社となることが明らかになった。富士バイオメディックスが8日、子会社化について基本合意に至ったことを発表した。同社が森谷健康食品の発行済株式の90%を取得、森谷健康食品が10%を保有する。森谷健康食品の社名はそのまま残り、仕入先や売り先、百貨店の店舗展開、卸業務などは従来どおり継続される見通し。→続きは本紙で!

関連記事

  1. ジアシルグリセロールのリスク評価スタート
  2. 厚労省、ブラックコホシュの利用で注意喚起
  3. 文科省事業、産学官連携で健食開発
  4. 宝ホールディングスとアムスライフが資本・業務提携
  5. 経団連 政府に規制改革要望 健食表示の拡充迫る 4・13事務関連…
  6. CRN、「自主点検第三者認証」提言
  7. 自民党・花粉症議連、健食含む民間療法の有効策を行政に要請
  8. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
PAGE TOP