注目の記事

日本製紙、茶品種「サンルージュ」が認知機能低下抑制

日本製紙は18日、九州大学の立花宏文教授との共同研究で、茶品種「サンルージュ」が加齢による認知機能低下を抑制することを動物試験で確認したと発表した。


主要緑茶43品種のなかで、神経伝達物質の・・・

(詳しくは11月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


11月30日まで 早期割引申込み 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 台湾緑藻、葉緑素高含有クロレラのサンプルワーク
  2. 特保で初の許可取り消し 日本サプリメントの6品
  3. キリントロピカーナ、栄養補給の果実飲料が1億本突破
  4. 次世代の農林水産技術、5月にシンポ
  5. 機能性表示制度、ガイドライン改正へ どうなる遡及適用
  6. 健増法の監視指導指針、改正案を一部修正 近々にも公表
  7. 永田茶園、青汁用国産有機原料を強化
  8. コカ・コーラ社初の青汁が登場
PAGE TOP