注目の記事

食品産業センター、原料原産地表示で要望書 「中小企業は厳しい」

食品産業センターは5日、先ごろ中間とりまとめが公表された加工食品の原料原産地表示制度について、農林水産大臣や消費者庁長官らに要望書を提出したと発表した。要望書は11月29日付。


実行可能性の面から、特に「中小事業者にとって厳しいもの」と指摘。実施に当たり・・・

(詳しくは12月9日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. ミツバチ減少、原因はカメムシ用殺虫剤の可能性
  2. 三重県、東京五輪向け「野菜機能性」分析事業
  3. ウエルシアHD,シンガポールに合弁会社
  4. 8月に和漢医薬学会、蜂蜜の鎮咳作用など
  5. ポイントピュール、工場増設でアジア輸出強化
  6. 台湾緑藻、葉緑素高含有クロレラのサンプルワーク
  7. 機能性表示874品 森川健康堂、サンスター初受理
  8. 機能性表示3品受理、計226品に
PAGE TOP