注目の記事

「ロコモ」認知度上昇、47%に

「ロコモチャレンジ!推進協議会」は6日、第3回ロコモサロンセミナーを開催した。同協議会委員長の大江隆文氏は、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を提唱して9年間におけるこれまでの取組活動を紹介。


ロコモ度テストは全国の自治体に広がり、2016年のロコモ認知度調査では、5年前の約2.5倍となる47.3%まで上昇したことを報告した。
「現在、約3割にとどまっている20~40代の・・・

(詳しくは12月9日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. 地域資源で観光振興、沖縄県「命草」活用
  2. 「納豆サイエンスラボ」設立 納豆菌でインフル予防
  3. 機能性表示、ファンケルが「腰の不快感」対応で受理
  4. “農水産物の機能性表示”テーマに、食品開発展でセミナ…
  5. 通販受注、「スマホ」増加 富士経済
  6. 訪日中国人消費、初の1兆円超え
  7. 日東薬品、ブレビス菌とラブレ菌でSR実施
  8. ミネラル吸収促進でペプチド活用目指す 「機能性に対する認識、これ…
PAGE TOP