注目の記事

アピ・岐阜薬科大など、トウゲシバで認知症サプリ開発へ

アピ(058・271・3838)は21日、岐阜県、岐阜薬科大学、医療法人社団カワムラヤスオメディカルソサエティ川村病院、木の国(旧遠藤造林)と取り組んできた「岐阜県産トウゲジバを活用した認知症サプリメントの開発」の事業成果を発表した。


アピは、エキス抽出・サプリメント開発を担い、安全供給体制の構築を経て・・・

(詳しくは4月25日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 生でも食べられるケールが市場に
  2. トワコーポレーション、マカエキス供給に注力
  3. 健康産業協議会、26日講演会 消費者庁・赤崎課長ら登壇
  4. 全健協が総会、健食で調査研究実施
  5. DSM、機能性表示サポートで受理実績40以上
  6. 「これからは米も機能性の時代」 エコ・ライス新潟、豊永氏
  7. 天真堂、機能性表示でSRサポート体制強化
  8. ピルボックス、機能性表示で2品目投入
PAGE TOP