注目の記事

日本とスウェーデン、フレイル対策で機能食品開発

科学技術振興機構は、戦略的国際共同研究プログラム「日本-スウェーデン共同研究」の16年度新規課題として4件が決定したことを発表した。


来年1月から開発を開始、フェーズⅠは約2年間、フェーズⅡは3年間を予定している。
「自立高齢者を増やすための革新的食品提供システム」では、フレイル・プレフレイルを防ぐため、高齢者に向けた・・・

(詳しくは12月13日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. FDA、新栄養成分表示で企業向けリソース
  2. DgSの健食販売額、1月は7%増
  3. 米国「食品安全強化法」、来月に新規則義務化
  4. 機能性表示980品に
  5. お台場でアンチエイジングフェア、機能性表示PR
  6. タイ健食市場2800億円、「輸入業者の役割重要」
  7. 「機能性表示、独自のヘルスクレーム狙う」 亀田製菓・渡辺紀之氏
  8. 健食転売で「月100万儲かる」都センが注意喚起
PAGE TOP