注目の記事

日本とスウェーデン、フレイル対策で機能食品開発

科学技術振興機構は、戦略的国際共同研究プログラム「日本-スウェーデン共同研究」の16年度新規課題として4件が決定したことを発表した。


来年1月から開発を開始、フェーズⅠは約2年間、フェーズⅡは3年間を予定している。
「自立高齢者を増やすための革新的食品提供システム」では、フレイル・プレフレイルを防ぐため、高齢者に向けた・・・

(詳しくは12月13日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. カルシウムサプリによる循環器系疾患への懸念、「関連性なし」
  2. ブラジル食品展示会、プロポリスやスーパーフードなど展示
  3. アピ・岐阜薬科大など、トウゲシバで認知症サプリ開発へ
  4. 新製造所固有記号、きょう施行 届出マニュアルを公表
  5. ファンケル、100%子会社2社を吸収合併
  6. サンクロ、クロレラで機能性表示届出 新知見も
  7. 「サプリ、自分に関心もつきっかけに」 病気と不健康の違いとは?
  8. トクホ3品許可、計1123品に
PAGE TOP