ヘッドラインニュース

16年BtoC電子商取引、15兆円突破、健食も売上増


中国向け、「健食人気高く」

2016年のBtoC電子商取引の市場規模が15兆円を突破したことが、経済産業省が24日に発表した調査結果でわかった。健康食品の売上も拡大した。16年の消費者向け電子取引市場は前年比9.9%増の15兆1358億円。6年で約2倍に拡大した。この間、ネット人口はほぼ横ばいで、個人消費も大きく増えていない状況の中、「ネットショッピングが着実に浸透した結果」と分析している。


物販の市場規模は前年比10.6%増の8兆43億円で、このうちスマホ経由は同28.7%増しの2兆5559億円。スマホによる・・・

(詳しくは4月25日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 景表法 自治体の権限強化案浮上
  2. 厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起
  3. 厚労省、栄養摂取量の年次推移公表 15年国民健康・栄養調査
  4. 林原、会社更生手続き開始
  5. 「飛び込み勧誘」禁止条例、訪販協が適用除外求める
  6. 厚労省 L-シトルリンで17日に通知 食品への利用可能に 「Co…
  7. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  8. 経産省、特商法違反で行政処分
PAGE TOP