注目の記事

23%が睡眠不足 厚生労働省・生活基礎調査

成人の23%は睡眠不足であることが、厚生労働省が27日に発表した「2016年国民生活基礎調査」の概況で分かった。なお熊本地震の影響で、熊本県については調査を実施していない。病気やけがなどの自覚症状がある「有訴者率」は、人口1000人あたり305.9。80歳以上では520.2と高かった。症状別では・・・

続きは紙面(2017年6月30日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. ティーエストレーディング、オリーブ原料を本格供給
  2. ライ麦成分に寿命延伸効果
  3. セニエ、PSサプリの売上が前年比3割アップ
  4. 男の”サビ厄年”は40歳 アスタリール調査
  5. 群馬県、分析機器導入で機能性食品の開発支援
  6. 機能性表示470品に、エーエフシーが初受理
  7. 通販協調査、6割に「機能性表示」の届出意向
  8. 新潟の健康政策、「要配慮者向け災害食」認証立ち上げへ
PAGE TOP