ヘッドラインニュース

サプリアドバイザーセミナー 620人参加

 日本臨床栄養協会・日本サプリメントアドバイザー認定機構主催のフォローアップセミナーが23日、昭和女子大で開催され、620人が参加した。うち450人は、健康食品などの最新情報や活用方法を啓発するサプリメントアドバイザー。大阪外国語大学助教授の梶本修身氏は、「サプリメントと肉体疲労」と題して講演した。同氏は、混合診療解禁で特保が医家向けルートを開拓できれば、3兆円市場が到来する可能性に言及。市場開拓が進めば、2008年から2010年ごろに、医家向けルートは既存のDgSルート等を凌駕する可能性があるとの見通しを示した。

関連記事

  1. 公取委、ダイエット健食で排除命令
  2. 日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性め…
  3. 特別レポート 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフリー」席巻 【特別レポート】 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフ…
  4. 大麦食品推進協議会、大麦の機能性を紹介
  5. 千葉県警、健康セミナー開催の健食企業社長らを逮捕
  6. 健食表示検討会、エビデンスレベルを整理
  7. SR検証でプロジェクト始動 学識者が適正性を評価
  8. JRJ製薬、「薬蜜」の原料供給開始
PAGE TOP