ヘッドラインニュース

サプリアドバイザーセミナー 620人参加

 日本臨床栄養協会・日本サプリメントアドバイザー認定機構主催のフォローアップセミナーが23日、昭和女子大で開催され、620人が参加した。うち450人は、健康食品などの最新情報や活用方法を啓発するサプリメントアドバイザー。大阪外国語大学助教授の梶本修身氏は、「サプリメントと肉体疲労」と題して講演した。同氏は、混合診療解禁で特保が医家向けルートを開拓できれば、3兆円市場が到来する可能性に言及。市場開拓が進めば、2008年から2010年ごろに、医家向けルートは既存のDgSルート等を凌駕する可能性があるとの見通しを示した。

関連記事

  1. 健食新制度、検討会「決着」
  2. 食品安全委 ジアシルグリセロールを評価 作業部会の設置を決定
  3. 06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関…
  4. 厚労省 混合診療問題 規制改革会議に抗議 議論かみ合わず、火種残…
  5. 明治製菓、赤シソ葉は「科学的根拠明瞭な健食」
  6. 東洋新薬、伊藤忠食品と健食新会社設立
  7. 食総研、研究成果展示会に700人
  8. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
PAGE TOP