ヘッドラインニュース

サプリアドバイザーセミナー 620人参加

 日本臨床栄養協会・日本サプリメントアドバイザー認定機構主催のフォローアップセミナーが23日、昭和女子大で開催され、620人が参加した。うち450人は、健康食品などの最新情報や活用方法を啓発するサプリメントアドバイザー。大阪外国語大学助教授の梶本修身氏は、「サプリメントと肉体疲労」と題して講演した。同氏は、混合診療解禁で特保が医家向けルートを開拓できれば、3兆円市場が到来する可能性に言及。市場開拓が進めば、2008年から2010年ごろに、医家向けルートは既存のDgSルート等を凌駕する可能性があるとの見通しを示した。

関連記事

  1. 森下仁丹、シームレスカプセルを一般食品用途で本格展開
  2. 家計調査3月、健食支出18.5%増
  3. 議連「健食問題研究会」、大濱氏招き米・EUの制度を研究
  4. 日本新薬、健食通販事業に参入
  5. 文科省 10年後見据え研究開発 機能性食品の有効性検証も
  6. 厚労省、妊産婦対象の食生活指針 葉酸の栄養機能食品を推奨
  7. 雪印乳業、米国で「MBP」商品第1弾
  8. 通販協、「県民大調査」第2弾 健食購入、トップは三重県
PAGE TOP