ヘッドラインニュース

台湾バイオフェア、約300社が出展

 「Bio Taiwan 2005」が22日から25日までの4日間、台北市の世界貿易センターで開催された。バイオテクノロジーを共通テーマに、健康食品、医薬分野、加工機器などを扱う約300社が出展。台湾政府のバイオテクノロジー産業の積極支援策に後押しされる形で、台北市、台南縣、高雄市などの自治体のほか、大学単位でバイオベンチャー企業が健康食品を展示するケースが目立った。

関連記事

  1. 日健栄協、新特保制度でQ&A集
  2. サントリー、「黒烏龍茶」類似品めぐり2社を提訴
  3. 健食の自主基準案、一本化に自信 日健栄協・林理事長
  4. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
  5. 「健康食品産業振興検討会」が発足
  6. アスク薬品、メンタル系新素材「ロゼア」の供給開始
  7. 特保申請で留意事項案
  8. 日健栄協、安全性自主基準案の一本化へ 専門委を発足
PAGE TOP