注目の記事

東洋酵素、スピルリナ好調 スムージー向け等で

東洋酵素化学(047・355・7111)では、海洋深層水で培養した「スピルリナパシフィカ(ハワイアンスピルリナ)」の原料・OEM供給が堅調に伸びている。依然としてスムージー向けが好調なほか、最近では打錠品の引き合いも目立ってきた。蛋白質が6割近くを占めているのに加えバリン、ロイシン、イソロイシンといったBCAAの比率が理想とされる1対2対1であることから、高齢者向け食品としての提案も強化している。同素材は・・・

続きは紙面(2017年7月25日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. OTC医薬品協会、会長に杉本雅史氏が再任
  2. 経済格差、子どもの食事内容に影響
  3. 機能性表示食品の評価サイトを開設
  4. 亀田製菓と新潟大、産学連携で協定 機能性研究など
  5. 帝人、大麦原料「バーリーマックス」配合製品を試験販売
  6. 龍泉堂、オニオン・パンプキンエキス末でコーシャ取得
  7. 水素商材市場、300億円突破
  8. 機能性表示223品に、山崎製パンが初受理
PAGE TOP