注目の記事

永田茶園、青汁用国産有機原料を強化

永田茶園(0774・52・0797)は、青汁用の国産原料の販売を強化する。主力の抹茶は、国産原料の販売を強化する。主力の抹茶は、国産有機品で「宇治茶」ブランドを表記できるものと、各産地ブレンドの2種類の原料を用意。栄養価の高い新茶の1番茶から秋の番茶まで、用途・価格別に5種類のグレードの原料を揃える。大麦若葉は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. ファイン、機能性表示食品のOEMに注力 年明けメドに新工場
  2. 抗加齢協会、12月に京都で学術フォーラム
  3. アサヒグループHD、「乳酸菌と免疫」の関連で新知見
  4. 日健栄協、ボーエン化成にGMP認定
  5. サンライフ、スーパーフード訴求で「スピルリナ」拡販
  6. ヤクルトヘルスフーズ、国産ケール青汁を発売
  7. ユニアル、青汁用途で「群馬産桑葉」の原料・OEM供給
  8. 機能性表示食品887品に、日清食品など初受理
PAGE TOP