注目の記事

永田茶園、青汁用国産有機原料を強化

永田茶園(0774・52・0797)は、青汁用の国産原料の販売を強化する。主力の抹茶は、国産原料の販売を強化する。主力の抹茶は、国産有機品で「宇治茶」ブランドを表記できるものと、各産地ブレンドの2種類の原料を用意。栄養価の高い新茶の1番茶から秋の番茶まで、用途・価格別に5種類のグレードの原料を揃える。大麦若葉は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. FDA、新栄養成分表示で企業向けリソース
  2. チョコレートで女性の脳卒中リスク低下
  3. 子どものくる病、この10年で10倍に
  4. プロポリス協議会、消費者等との交流事業を計画
  5. 台湾緑藻、葉緑素高含有クロレラのサンプルワーク
  6. 15年DHA・EPA市場、314億ドルに
  7. 京大、クルクミン化合物に抗がん作用 医薬品開発へ
  8. かがわ機能性食品開発研究会、9月にシンポ 長命草など
PAGE TOP