注目の記事

永田茶園、青汁用国産有機原料を強化

永田茶園(0774・52・0797)は、青汁用の国産原料の販売を強化する。主力の抹茶は、国産原料の販売を強化する。主力の抹茶は、国産有機品で「宇治茶」ブランドを表記できるものと、各産地ブレンドの2種類の原料を用意。栄養価の高い新茶の1番茶から秋の番茶まで、用途・価格別に5種類のグレードの原料を揃える。大麦若葉は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 東洋新薬、愛媛県と共同研究 希少柑橘で新発見
  2. 米FDA、オメガ3で表示規則 「多い」などNGに
  3. EU、糖尿病予防のペプチド開発に300万ユーロ
  4. 消費者庁等、健康食品で意見交換会 1月に徳島で
  5. 日本食品化工、「難消化性グルカン」強化 SR作成中
  6. アサヒ飲料、「カルピス」ブランド初の機能性表示食品
  7. ニュートリションアクト、3素材で臨床試験 開発展で発表
  8. ブロマ研究所、乳酸菌入り冷凍豆腐を開発 外食向けに提案
PAGE TOP