ヘッドラインニュース

農水省 地域食品の効果解明に本腰 機能評価法の手引き作成へ

 平成18年度予算案が24日に閣議決定したことを受け、農林水産省の新規事業である地域食品の機能性評価に関する施策が同日固まった。農水省では20日の予算内示の段階で、「食品機能性評価支援センター」を来年5月に設置することを決定。今回、同センター新設に関連する具体

関連記事

  1. 厚労省 混合診療問題 規制改革会議に抗議 議論かみ合わず、火種残…
  2. 「あおばなシンポジウム」が26日に開催
  3. 経産省 生活習慣病予防で事業者育成 食生活指導で健食紹介も 健康…
  4. 健食製造者の「届出制」浮上
  5. アガリクス安全性試験結果、年明けにも報告
  6. 消費者庁、食品表示法統一へ22日始動
  7. 厚労省 健食安全性検討会 業界団体が意見陳述 健食の法制化を要求…
  8. 特保市場、4%増の6,300億円に
PAGE TOP