ヘッドラインニュース

農水省 地域食品の効果解明に本腰 機能評価法の手引き作成へ

 平成18年度予算案が24日に閣議決定したことを受け、農林水産省の新規事業である地域食品の機能性評価に関する施策が同日固まった。農水省では20日の予算内示の段階で、「食品機能性評価支援センター」を来年5月に設置することを決定。今回、同センター新設に関連する具体

関連記事

  1. 福岡県、健食試買調査で4品から医薬品成分
  2. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  3. ブルボン、特保市場に参入
  4. 明治製菓、新甘味素材を開発 「健康事業の目玉に」
  5. 農水省、機能性食品で新需要創造 5課題を採択
  6. EFSA 「新規食品」の認定迅速化 「伝統食品」は食経験25年以…
  7. 厚労省 18年度予算内示 健食対策、引き続き強化
  8. 食品安全委 リスク評価対象を絞り込み 白金ナノコロイドの情報収集…
PAGE TOP