ヘッドラインニュース

食品化学研究振興財団、研究報告集まとめる

 日本食品化学研究振興財団はこのほど、第10回研究成果報告書をまとめた。岐阜大学の長岡利氏は、大豆イソフラボン(ゲニステイン)の抗動脈硬化作用について検討。ゲニステインには抗動脈硬化因子として知られる「アポリポタンパク質」を活性化させる作用があることを明らかにした。

関連記事

  1. 厚労省 妊婦の食生活指針作成へ
  2. 消費者庁「健食検討会」、25日に初会合
  3. アガリクス、華麗に復活 ケンコーコムランキング
  4. CRN‐J勉強会、大濱氏「法制化の機運は最高」
  5. ファンケル、医家向け健食の展開に着手
  6. CRN-J、10周年記念大会に150人 
  7. 葉酸・VB6「動脈硬化を予防」
  8. 東京都 平成20年度計画 健食製造業者を一斉監視 4~5月に実施…
PAGE TOP