ヘッドラインニュース

食品化学研究振興財団、研究報告集まとめる

 日本食品化学研究振興財団はこのほど、第10回研究成果報告書をまとめた。岐阜大学の長岡利氏は、大豆イソフラボン(ゲニステイン)の抗動脈硬化作用について検討。ゲニステインには抗動脈硬化因子として知られる「アポリポタンパク質」を活性化させる作用があることを明らかにした。

関連記事

  1. 厚労省 大豆イソフラボンで指針案 特保以外の健食も対象に
  2. 1244号(2008年7月11日号)配信
  3. 青汁市場、9年連続成長 4%増の1050億円に
  4. 厚労省 健食安全性検討会 業界団体が意見陳述 健食の法制化を要求…
  5. 09年度コラーゲン販売量、5000トン突破で過去最高
  6. グルコサミン、10%増で800トン突破
  7. 1238号(2008年6月20日号)配信
  8. 小林製薬、井藤漢方製薬と資本業務提携
PAGE TOP