ヘッドラインニュース

食品化学研究振興財団、研究報告集まとめる

 日本食品化学研究振興財団はこのほど、第10回研究成果報告書をまとめた。岐阜大学の長岡利氏は、大豆イソフラボン(ゲニステイン)の抗動脈硬化作用について検討。ゲニステインには抗動脈硬化因子として知られる「アポリポタンパク質」を活性化させる作用があることを明らかにした。

関連記事

  1. 厚労省 混合診療問題 規制改革会議に抗議 議論かみ合わず、火種残…
  2. ブルーベリー、加齢による記憶力減退を軽減
  3. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
  4. 「健康博覧会」「東京ヘルスコレクション」 6月7~9日開催
  5. 日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性め…
  6. 機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」
  7. 家計調査健食支出、前年比12.5%増
  8. 東京都 不当表示で349社に改善指導 健食は112社 「寝ている…
PAGE TOP