ヘッドラインニュース

食品化学研究振興財団、研究報告集まとめる

 日本食品化学研究振興財団はこのほど、第10回研究成果報告書をまとめた。岐阜大学の長岡利氏は、大豆イソフラボン(ゲニステイン)の抗動脈硬化作用について検討。ゲニステインには抗動脈硬化因子として知られる「アポリポタンパク質」を活性化させる作用があることを明らかにした。

関連記事

  1. カネカ、米CoQ10製造設備が来夏完成予定
  2. 上半期サプリ支出、9%増 4カ月連続の2桁伸長
  3. NNFA−J 新体制スタート
  4. 規制改革要望、特保検査業務の都道府県への委譲求める
  5. ASEANヘルス&ウェルネス展、16日スタート
  6. 「αリポ酸協会」が設立
  7. 健康産業速報ロゴ2 「機能性表示」で分析状況調査
  8. 長者番付、健食関係者ら多数ランクイン
PAGE TOP