ヘッドラインニュース

上半期台湾産クロレラ輸入量 195トンで前年下回る 各社、新市場開拓に着手

上半期の台湾産クロレラの輸入数量が昨年実績を割り込んだことが、財務省が7月28日に発表した輸入通関統計の速報値でわかった(3面に関連記事)。1~6月の台湾からのクロレラの輸入数量は195トンで、昨年上半期の330トンから約4割減少。背景には、韓国でのクロレラブームが落ち着き、日本経由の韓国出荷分が減少したことに加え、タンク培養による安価品への切り替えが進んだことがある。→続きは「健康産業速報」第1048号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 健食安全性検討会 健康被害情報の収集促進 第三者認証の要…
  2. JIHFS、2社3工場にGMP認定
  3. 健康増進法、消費者庁に移管 特保表示変更へ
  4. 04年輸入通関累計 クロレラ1500トン突破
  5. 新開発食品保健対策室、来年度予算は健食安全性重視型
  6. 食品安全委 リスク評価候補に健食3素材 プエラリア、ニノ、メシマ…
  7. ダイエット食品のニーズが分散? メタボリックが調査
  8. 家計調査6月、健食支出が今年最低額を記録
PAGE TOP