ヘッドラインニュース

ILSI国際会議、カプサイシンの肥満予防効果を報告

 特定非営利活動法人国際生命科学研究機構(ILSI JAPAN)は10月31日から11月1日まで、第5回「栄養とエイジング」国際会議を都内で開催した。オランダマーストリヒト大学教授のマルガリート・S・ウェスタータープ氏は、「機能性食品とエネルギーの消費」と題し、スパイスやハーブなどの植物由来の機能性を紹介した。→続きは『健康産業速報』第1175号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 健食安全性検討会が初会合 「GMP、国の制度に」 JIH…
  2. アサヒビール、和光堂を買収へ
  3. 「4.13事務連絡」の明確化、内閣府担当室が厚労省に検討要請
  4. サン・クロレラ販売、逆転勝訴 大阪高裁「優良誤認の恐れなし」
  5. 1240号(2008年6月27日号)配信
  6. 広告にない健食送付等 東京都15年度の広告相談 
  7. ハウス食品、ウコンのアルコール代謝作用を実証
  8. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
PAGE TOP