ヘッドラインニュース

ILSI国際会議、カプサイシンの肥満予防効果を報告

 特定非営利活動法人国際生命科学研究機構(ILSI JAPAN)は10月31日から11月1日まで、第5回「栄養とエイジング」国際会議を都内で開催した。オランダマーストリヒト大学教授のマルガリート・S・ウェスタータープ氏は、「機能性食品とエネルギーの消費」と題し、スパイスやハーブなどの植物由来の機能性を紹介した。→続きは『健康産業速報』第1175号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 国セン・関節健食の商品テスト 内容に疑問符
  2. 公取委、消費者取引で「適正化推進員制度」スタート
  3. 厚労省 CoQ10の上限値問題、罰則付き基準も視野
  4. 消費者庁、健食表示の取締方針 薬事法違反は厚労省へ
  5. 家計調査2月、健食支出V字回復
  6. ファンケル、「300店舗体制目指す」
  7. プエラリア12品目で商品テスト 問題表示に改善要望 エストロゲン…
  8. 米国健食素材ランキングまとまる
PAGE TOP