ヘッドラインニュース

イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 評価内容「知っている」65%

上限値などを示した大豆イソフラボンのリスク評価結果がサプリメントの消費動向に与えた影響は―食品安全委員会は、一般消費者や食品事業経験者らで構成する食品安全モニター470人を対象に、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の食品健康影響評価」の認知度や、評価内容を知った後の大豆イソフラボン食品の摂取量の変化などについての調査結果をまとめた。14日開催の会合で報告した。→続きは「健康産業速報」第1060号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 通販協調査、健食含む「食料品」の伸び率が今年最高に
  2. ジアシルグリセロールのリスク評価スタート
  3. ヤクルト本社、順天堂大に寄付講座
  4. 名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆
  5. エグゼクティブ会議が賀詞交歓会
  6. 06年健康食品市場 6%減の1兆2100億円に 成長神話、ついに…
  7. 健食含む食料品で「不満」「被害受けた」は13% 国セン調べ
  8. 大日本製薬、興和にヘルスケア事業譲渡へ
PAGE TOP