ヘッドラインニュース

イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 評価内容「知っている」65%

上限値などを示した大豆イソフラボンのリスク評価結果がサプリメントの消費動向に与えた影響は―食品安全委員会は、一般消費者や食品事業経験者らで構成する食品安全モニター470人を対象に、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の食品健康影響評価」の認知度や、評価内容を知った後の大豆イソフラボン食品の摂取量の変化などについての調査結果をまとめた。14日開催の会合で報告した。→続きは「健康産業速報」第1060号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. アムスライフ、本草製薬からの事業譲り受けで契約締結
  2. 農水省、ナノ化懸濁液を開発へ 栄養補助食品への利用に期待
  3. アガリクス問題で波紋
  4. 食品安全委、特保「キリン ブナハリ茸」の安全性を確認
  5. エコナ問題、特保制度に波及
  6. 厚労省 健食安全性検討会 GMP指針改正で大筋合意 結論は6月に…
  7. ネット通販、健食購入率22.5%
  8. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
PAGE TOP