ヘッドラインニュース

イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 評価内容「知っている」65%

上限値などを示した大豆イソフラボンのリスク評価結果がサプリメントの消費動向に与えた影響は―食品安全委員会は、一般消費者や食品事業経験者らで構成する食品安全モニター470人を対象に、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の食品健康影響評価」の認知度や、評価内容を知った後の大豆イソフラボン食品の摂取量の変化などについての調査結果をまとめた。14日開催の会合で報告した。→続きは「健康産業速報」第1060号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省人事・新開発食品保健対策室長に北島智子氏
  2. 50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査
  3. 厚労省 残留農薬新制度が大詰め 11月に告示、来年5月実施
  4. 関東学院大・田中氏が講演「糖尿病学会が特保検証」
  5. ファーマフーズ、卵白ペプチドの全国展開スタート
  6. 薬学会、機能性表示食品研究 ウコン、レスベラ、CoQ10等
  7. 都消費生活総合センター 健食相談概要まとめる 健康被害も報告
  8. ロート製薬、ファーマフーズと提携
PAGE TOP