ヘッドラインニュース

ビタミンC不足が「タバコ病」に関与 都老人研・石神氏らが確認

東京都老人総合研究所はこのほど、喫煙者に多く見られる肺の生活習慣病「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の発症リスクが、ビタミンC不足や老化により高まるという研究成果を発表した。→続きは「健康産業速報」第1061号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 大豆イソフラボンの上限値問題、結論は来年に持ち越し
  2. 薬学会、29日から都内で
  3. 食物繊維の定義が変わる? コーデックスで新提案
  4. シトルリンで研究会発足
  5. 特定保健用食品 600品目を突破 市場規模も拡大
  6. 理研ビタミン、「メカブフコイダン」でインフルエンザ予防
  7. イタリア研究班、100超のアガリクス研究を総括
  8. 超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方…
PAGE TOP