ヘッドラインニュース

ビタミンC不足が「タバコ病」に関与 都老人研・石神氏らが確認

東京都老人総合研究所はこのほど、喫煙者に多く見られる肺の生活習慣病「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の発症リスクが、ビタミンC不足や老化により高まるという研究成果を発表した。→続きは「健康産業速報」第1061号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 各省庁に検討を要請 経団連「特保事前審査制の創設を」
  2. CMPグループ主催のHiE閉幕、カーギルの機能性甘味料に金賞
  3. 「機能性表示」課題で報告書案 「エキス・分泌物」追加
  4. 米サプリ市場、5.8%増の160億ドル
  5. 協和発酵、L-シトルリンの供給準備へ
  6. 農水省 食品機能研究の成果発表
  7. 特保の全品調査 約1270品 市場流通は3割未満
  8. 1242号(2008年7月4日号)配信
PAGE TOP