ヘッドラインニュース

健康食品のバイブル本が激減

 いわゆる「バイブル本」をめぐる一連の騒動は、ついに逮捕者を出すまでに発展した。厚生労働省では改正健康増進法の施行以降、これまで野放しだったバイブル本について、末端商品の販売先電話番号などが記されているものを規制。出版社に対し改善を求めてきたが、出版後に連絡先を記したしおりを挟むなどの行為が一部で続けられていた。ところが今年4月、警視庁が出版社の家宅捜索に着手。こうした経緯もあり、現在では「バイブル本はかんり減った」(厚労省)という。

関連記事

  1. 消費者庁、「論点整理」の検討方針固まる
  2. 愛知県、「あかひげ薬局」に7日間の業務停止命令
  3. スギ薬局とイオン、業務・資本提携を解消
  4. 食品安全委、アガリクスの安全性 「全体疑うものでない」
  5. 農水省、機能性食品で新需要創造 5課題を採択
  6. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
  7. CoQ10健食から医薬品成分
  8. 規制改革要望 厚労省に再検討を要請 健食表示の拡充迫る
PAGE TOP