ヘッドラインニュース

特定保健用食品 600品目を突破 市場規模も拡大

 特定保健用食品の総数が、ついに600品目を突破した。厚生労働省は27日、特保として23日付で表示を許可した5品目を発表、これにより、承認2品目を加えた特保総数は604品となった。→続きは「健康産業速報」第1073号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  2. 味の素、「アミノ酸が睡眠の質を改善」
  3. ハウス食品、武田食品の飲料・健食事業を子会社化
  4. 富士バイオメディックス、美容室チェーンの無芸塾と業務提携
  5. 厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」
  6. 大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望
  7. サニーヘルス決算、売上高147億円で苦戦
  8. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
PAGE TOP