ヘッドラインニュース

サン・クロレラ販売、逆転勝訴 大阪高裁「優良誤認の恐れなし」

適格消費者団体「京都消費者契約ネットワーク」(髙嶌英弘理事長)が、日本クロレラ療法研究会の折込チラシ内容について景品表示法並びに消費者契約法に抵触するとして、サン・クロレラ販売(大矢清人社長)に表示差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は2月25日、差し止めを認めた京都地裁判決を取り消し、請求をいずれも棄却した。


・・・(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 食品産業、8割が経営悪化
  2. 特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も
  3. 05年度通販市場、10%増の3兆3600億円に 15年ぶり2桁成…
  4. 米ホールフーズ合併問題、連邦地裁はFTC主張を棄却
  5. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
  6. ローヤルゼリー特保、「安全性問題なし」 いよいよ許可へ
  7. 小林製薬、「杜仲葉がメタボリック症候群に有効」
  8. 厚労省、食薬区分改正で意見募集
PAGE TOP